効率的な自己アピールを|スキルを身につけるために求人から会計事務所を探しましょう

スキルを身につけるために求人から会計事務所を探しましょう

笑顔の人たち

効率的な自己アピールを

書類

読みやすさを心がける

転職をする時に必要になるのが職務経歴書です。職務経歴書は、これまでの仕事内容を書くだけではなく、経験した仕事で身につけた自分の能力が、転職先の企業でどのように役立つのかを書くことが大切です。職務経歴書の書き方に特に決まりはありません。一般的にはA4サイズの用紙、1〜2枚程度で作成します。誤字脱字、和暦と西暦の混在などがないように注意しましょう。また、文字の大きさや見やすいレイアウトを心がけて、人事担当者が読みやすいように工夫しましょう。仕事の経験やアピールしたいことがたくさんある場合も、職務経歴書の枚数が多すぎるのは読むのが大変になるため好印象を与えないので、コンパクトにわかりやすくまとめることが大切です。

アピールできる書き方

職務経歴書は、自分の経験やスキルを最大限にアピールするものです。経験したことやできることはできるだけ具体的に書くようにしましょう。転職先企業にアピールできる経験や能力は何であるかということをしっかり棚卸しすることが大切です。実績は、具体的な数値で表すことができると効果的です。経歴の書き方は、年代式とキャリア式があります。年代式は、古い経歴から書く方法と新しい経歴から書く方法があります。一般的には古い経歴から書いていきますが、仕事の経歴が長く、直近の経歴をアピールしたい場合は、新しい経歴から書くのがいいでしょう。キャリア式は、年代別に書くのではなく、職務内容ごとに書く方式です。アピールしたい職務を中心にアピールしたい時に使われます。どう書けば効果的なアピールになるかを考え、自分に合う書き方を選びましょう。