社員での雇用を目指して|スキルを身につけるために求人から会計事務所を探しましょう

スキルを身につけるために求人から会計事務所を探しましょう

笑顔の人たち

社員での雇用を目指して

女性

雇用のミスマッチをふせぐ

紹介予定派遣とは、最長6か月までの派遣期間終了後に、派遣先に正社員か契約社員かで直接雇用される道が用意されている制度です。社員になるかどうかは、本人と会社の合意のもとで決まります。働く側もしくは会社側が拒否した場合は雇用契約が終了となります。この制度は働く側と会社側の両方にメリットがあります。直接雇用後の勤務条件は事前に提示されるので、働く側はその条件に見合う職場であるかどうか見極めることができます。雇用する会社側は、会社が必要としているスキルを持つ人材かどうかを見極めてから社員として迎えるかどうか決めることができます。社員の求人に応募した場合、自分をアピールできるのは面接の時しかありませんが、紹介予定派遣であれば、派遣期間中に仕事を通して、自分の人柄や働きぶり、やる気などを会社側にアピールすることができます。

派遣会社と協力する

紹介予定派遣は、働きたい会社に直接応募するのではなく、派遣会社を介して応募するのが一般的です。よって、自分が希望する業界や会社の紹介予定派遣案件を持っている派遣会社を探すことが第一歩となります。紹介予定派遣は、一般の派遣契約では禁止されている履歴書や職務経歴書の提出や事前面接が認められています。社員として直接雇用する可能性があるとして、一般の派遣採用より厳しい傾向があります。面接時にはしっかり自分をアピールすることも大切ですが、派遣会社のコーディネーターや営業とは、自分のスキルや希望条件をしっかり伝え、自分に合いそうな会社の紹介や、面接後のフォローアップしてもらえるよう働きかけるといいでしょう。